La Vie Avec Citroen ハイドロマニア シトロエン C5 C6 と趣味や日々の出来事

ハイドロシトロエンを中心に修理方法や安価なパーツ入手方法など経済的に維持する方法やその他の趣味や日常生活についてのブログです。

外国人妻に日本の素晴らしさを教えられる

うちの妻は実はプーチン大統領が大好きです。これはかの国では当たり前のことだそうです。政治家は独断できなければならず、独裁は決して悪いイメージではなく、むしろ、議会の不毛な議論にはイラつく妻です。妻は日本の国会中継を見て呆れています。この日本にも混乱から国を救う英雄的な人が現れないのかと私に呟きます。

 国が違えば常識が違うという当たり前のことを毎日のように感じます。かく言う私も大学の授業でフランス人の先生から第二次世界大戦スターリニズムの勝利だと教えられて当時、とても驚いた記憶があります。映画などの影響か、ここ日本では第二次世界大戦アメリカVSドイツや日本の戦いが中心というイメージが強いですが、実は、ロシアの東部戦線が一番の激戦地だった訳ですし、戦後、東欧・中国・北朝鮮と多くの国々が共産化したことを見れば、確かにそのフランス人の先生の言うことも、あながち間違っていないかもと感じた覚えがあります。

 さて、本題になりますが、我が家の外国人妻が日本に来て一番感動したことは「日本はとても平等な社会である」ことだそうです。極端なお金持ちも貧乏人もいない、みんなが平等にチャンスがあり、賄賂も通用しないことに驚いたそうです。お金持ちも貧乏人も同じ地域に住んで、同じ店で買い物をして、町で交流する姿は彼女にとって驚き以外のなにものでもありません。日本のお店で初めて買い物をした時に店員さんが90度でお辞儀をして、お店を出るまで見送ってくれた接客態度には心から感動し、自分はセレブでもないのに店員の接客態度は凄いと感動していました。

 また、かの国では日本のように学校には多くの教科がありません。うちの妻は泳げませんし、体の使い方が少し変です。多分、水泳も器械体操も習ってないと思います。これは、先進国でもあり得ることで、基本、芸能教科は地域のクラブで習う部分で、学校では、体育や音楽や美術は習わない国も結構多いのではと思います。だから、彼女曰く、「日本人は個人の教養レベルがとても高い」そうです。確かに「「泳げない人」や「楽器が全く演奏できない人」や「絵が描けない人」は日本には少ないと思います。

 そして、妻はNHKのニュースで毎回外国のニュースがたくさん流れることにいつも驚きます。「アメリカ大統領中間選挙」「ウクライナ問題」「中国の人民大会」のニュースが自国のニュースのように詳細に報道されることは驚きだそうです。彼女の国では日本のニュースは全くと言って良いほど流されていなかったにも関わらずです。「日本人はなんと好奇心が強く、世界情勢に関心を持っているのか」と彼女は驚嘆します。

 我が妻はそんな日本や日本人が大好きでとても住みやすい国だと私に力説します。私は決してそうは思わないのですが、最近は妻の言うとおり、「この素晴らしい日本に感謝」「日本人で良かった」と思うようにしています。

 

記事一覧に戻る(クリックしてください)

記事一覧 - La Vie Avec Citroen シトロエン C5 C6 と趣味や日々の出来事

シトロエンC6のクルーズコントロール不作動の解決方法について考える

シトロエンC6のクルーズコントロール・スピードリミッターがオンになったりならなかったりする問題はC6乗りの間では結構有名なネタで色々な解決方法がネット上でも散見されます。私が困ったときによく参考にしているのは英国のfrench car forumとc6oweners.orgですが、後者で興味深いスレッドを見つけました。

 

「英国のシトロエンカークラブの雑誌「The Citroenian」のC6コラムを書いているMalcolm Bobbitt氏は、ステアリングの電動テレスコピックを前後に動かすことにより、コントロールモジュール(COM2000ウインカースイッチユニット)への接続が再接続され、作動が回復すると指摘しています。」

 

こちらがそのスレッドです。

また、ドイツのシトロエンフォーラム「andre-citroen-club.de」のC6セクションでは、ハンドルネームHighlander氏が、「ステアリングコラムの下のケーブルハーネスがきつく置かれすぎていることによる接触不良が原因であることが多い。」とも述べています。

 

こちらがそのスレッドです。

そこで、こちらのスレッドの画像のようにステアリングコラムを外してケーブルハーネスをきつく締めているタイラップを緩めたり、接点復活材を使用したりするなどしてCOM2000ウインカースイッチユニットとケーブルハーネスの接触不良を回復させることが効果的なようです。

これらの方法が現在一番お金をかけずにこの問題を解決できる方法のようです。他の原因による不作動もあるでしょうから、すべてがこれらの方法で解決できるとは限りませんが、「時々不作動になる」といった接触不良が疑われる場合にはきわめて有効だと思われます。

 そもそも、C6はハーネスに余裕がない気がします。例えば、ヘッドライトの配線も余裕がなくギリギリのため、ディレクショナルヘッドライトをオンにしておくとライトの動きと経年変化で配線が切れます。私はディーラーのアドバイスでC5もC6もディレクショナルヘッドライトはオフにしています。

 

引用:c6owners.org、andre-citroen-club.de

 

関連記事

シトロエンC4・C6スピードメーター不点灯DIY修理方法 - La Vie Avec Citroen シトロエン C5 C6 と趣味や日々の出来事

私のファーストシトロエン、シトロエンBXの思い出

私のファーストシトロエン西武自動車販売が輸入した1987年式のシトロエンBX19TRSです。3年落ちの中古を1990年に購入して約3年乗りました。その後、19GTIを3年、そして19TRIを長く2013年まで乗りました。合計3台のBXを乗り継いだことになります。BXがとても好きでした。

今見ても前衛的でほれぼれするデザインです。ランボルギーニカウンタックやランチャストラトスをデザインしたガンディーニのデザインです。シトロエンCX・GSの丸みを帯びたデザインをウエッジシェイプにリデザインしたようなデザインです。新しいさとシトロエンの伝統がちょうど良い具合にミックスされています。

内装もとってもモダンでした。プラスチックの芸術と評した自動車評論家もいたそうです。フェイクウッドや合皮などは使わず、プラスチックをプラスチックらしく使っているのがとってもクールです。

 その一方で、故障には本当に泣かされました。今のようにインターネットが発達していなかったので、適切な修理方法も分からず、ディーラーの言うがままに修理に応じていましたが、たまたま、凄腕メカニックさんに出会ってから、適切なメンテナンス方法が分かり、故障地獄から解放されました。

 主な故障を列挙すると

1. エアコンのエキパンバルブの詰まりでエアコンが効かなくなる症状→リキッドタンクを国産化して解決

2. フロントストラットのギシギシ音や乗り心地悪化→フロントストラットのベアリングにシリコングリース塗布

3. 内装の日焼け→窓ガラスにUVカットフィルムを貼る

4. ダッシュボードからのきしみ音→ブチルゴムやスポンジを噛ませて静音化させる

5. オートマの滑り→1回壊れて大金を払って懲りてからは、3万kmごとにATFを交換するようにして、その後は問題なし

6. サンルーフからの水漏れ→定期的なドレンパイプの清掃で対応

7. 後輪のスパッツ内部の鉄板が錆びて腐って穴が空き、トランクが水浸しになる→トランクカーペットを剥がし穴の上から鉄板を貼って塞ぐ

8. 突然スターターモーターが回らなくなり、家に帰れなくなる→JAFにお世話になり帰宅。イグニッションスイッチがすぐだめになるので、イグニッションリレーを噛ませて解決

9. 突然ガソリンタンクからガソリンが漏れ出す→火災になったら、どうしようとビビりながら、ディーラーに電話したら修理拒否され、親切な某整備工場に救われて、ガソリンタンクに刺さっているチューブの破損と分かり、交換して解決

 この他にもいろいろありましたが、書いているときりがないのでこのくらいにしておきます。あまりにも故障が多くってシトロエンではなくシロートノレンだと揶揄する人もいたような…。あの頃はマイナーな輸入車に乗っている人はJAFに入っている人が多かったように思います。しっかり会費分の元がとれたように思います。今となってはすべて懐かしい思い出です。本当に今のシトロエンは壊れなくなったなと思います。

 

シトロエンBXのCM集です

 フランス語版

 英語版(ガンディーニ出演)

 日本語版(西武自販&ユーノス)

 

関連記事

予防整備でお金をセーブする - La Vie Avec Citroen シトロエン C5 C6 と趣味や日々の出来事

ケンブリッジ飛鳥選手が柏崎にやってきました

11月20日(日)にリオデジャネイロ五輪・銀メダリストのケンブリッジ飛鳥選手が柏崎にやってきました。柏崎中央ロータリークラブ創立20周年記念イベントとして行われました。私も妻と一緒に見学に行ってきました。ケンブリッジ選手は2016年のリオデジャネイロ五輪で400メートルリレーに出場し、日本チームの銀メダル獲得に大きく貢献した方です。身長180cmくらい。脚が長くってスリムで小顔な方といった印象です。

ケンブリッジ選手は地元の子どもたちに日頃の練習メニューを紹介してくださり、さらに練習で気をつけるべきル留意点など親切に教えてくださいました。

また、新潟のお笑い集団NAMARAに所属するヤングキャベツの中静さんの軽妙なトークと司会進行で2時間という時間があっという間にすぎてしまいました。

 最後に、子どもたちと50m競争をしたり、銀メダルに触れるコーナーなどもあり、とても有意義な時間が過ごせたと思います。

 

こちらが動画です。

 

関連記事

柏崎市高柳町でジンギスカンを堪能しました - La Vie Avec Citroen シトロエン C5 C6 と趣味や日々の出来事

シトロエンC5のタイヤ交換に新潟市に行ってきました

1月も後半に入り、ここ新潟ではタイヤをスノータイヤに交換する方が多い時期です。元々シトロエンに乗り始めたのは地元柏崎に西武自動車の地区代理店があり、メンテナンスも楽だったのもあります。しかし、そのお店がシトロエンの正規代理店を降りてしまい、また、自分が信頼していたメカニックの方が辞めてしまったりしたこともあり、2000年代からは新潟市の正規ディーラーにお世話になっています。タイヤ交換ぐらい地元のお店にお願いできそうなものですが、ハイドロシトロエンはやはり特殊で、リフトに上げるときも、車高を最大にしてエンジンを切ってからリフトアップします。これをしないでリフトアップするとLDSフルードが溢れて漏れ出します。そんなこんなで、遙々新潟市までタイヤ交換に行ってきました。

 ちなみに、私はスノータイヤはミシュラン一択です。性能が段違いに高いです。制動能力や雪道の凍結路面でも安心感が高いです。ただし、高価なのが欠点です。ディーラーも頑張ってくれて黄色い帽子のお店と同じくらいの金額をオファーしてくれたのですが、某メジャーリーガーが広告に出ているお店の方が10万円も安かったのでそちらのお店で昨年の春にタイヤを新調しました。春に新調したのは服の冬物処分セールみたいに安くなるかなという期待があったからです。一応、読みは当たりましたが、狙った品物が売れてしまい、在庫なしという事態も起こりうるのであまりお勧めはできない方法です。ちなみに購入したのは全国展開しているこちらのお店です。

さて、ディーラーでタイヤ交換作業終了を待つ間、C3を眺めていました。おしゃれなボディーカラーです。

C3の向こうにはマイナーチェンジしたC5エアクロスのデモカーがひっそりとたたずんでいました。

この紺色がイメージカラーのようです。隣のマイチェン前の顔との比較すると精悍さが増した感じです。私は基本車を買うときはマイチェン後にしています。いろいろと理由はありますが、マイチェン後はいろいろな欠点が対策されて熟成されていると信じているからです。ただし、シトロエンの場合はマイチェン後に値段が上がるのに装備が貧弱になることが多いと感じます。例えば、パワーシートがマニュアルで調整するシートになったり、ハイドラクティブ3プラスがただのハイドラクティブ3にダウングレードされたりしたことが過去にありました。C5エアクロスはどうなんでしょう。

 

関連記事

シトロエンC5グローブボックス修理とヘッドライト内の虫の除去 - La Vie Avec Citroen シトロエン C5 C6 と趣味や日々の出来事

 

柏崎市高柳町でジンギスカンを堪能しました

シトロエンC6で国道252号線をひた走り鯖石川沿いに高柳町に向かいました。お目当ては澤田屋さんのジンギスカンです。昔、軍の防寒服のための羊毛の生産が奨励されて羊を飼い始めて、その肉を料理したのが、この地区のジンギスカン料理の始まりと聞いたことがあります。現在は羊を飼っているお宅はありませんが、昔は多かったそうです。営業開始時間の少し前に澤田屋さんに到着しましたが、すでに先客が数名おられて人気があるようです。期待が高まります。

11時ちょうどに開店、すぐにたくさんのお客が入り、すぐに満席となりました。妻はジンギスカンセット、私はラーメンをオーダーしました。私は昔食べたジンギスカン料理の臭みを覚えていて、澤田屋さんのジンギスカンは臭みはないと聞いていましたが念のためラーメンをオーダーして妻とシェアして食べることにしました。

待つこと5分くらいで肉ともやしが到着、どんどん焼いてどんどん食べました。噂通り臭みがなくおいしかったです。どんぶりのご飯も進みました。

 ジンギスカンを堪能した帰りに加納の鳥徳さんに寄って、焼き鳥と唐揚げを大量に買いました。

安いなんてもんじゃありません。昭和の値段です。妻も驚いていました。

 柏崎の鯖石地区は人口流出が甚だしく、寂れつつあるのがとても残念です。とても良いところです。私の友人たちは自転車イベントを当地区で行うなど地域の盛り上げを頑張っています。多くの人が参加してくださったそうでうれしい限りです。

柏崎市観光協会のHPより

 

関連記事

巨大チャーシュー麺を堪能しました - La Vie Avec Citroen シトロエン C5 C6 と趣味や日々の出来事

 

シトロエンC5グローブボックス修理とヘッドライト内の虫の除去

自分はあまり洗車をしない方なのですが、洗車をすると普段は気づかなかった車の状態に気づけることは大きなメリットだと思います。最近、珍しく洗車していてヘッドライトに虫の死骸を発見しました。しかも、C5とC6の両方で、しかも共に左ヘッドライトです。単なる偶然でしょうか。

C5のヘッドライト内の虫の死骸

C6の場合はちょっと分かりにくいですが、

拡大すると虫の死骸が見えます

 

最初は自分でヘッドライトバルブの穴から、つなぎ合わせたストローで吸い取ろうとも思ったのですが、そんな風にネットでDIYのネタを検索していたら、ちょうど、ずっと前に本国オーダーしていたC5グローブボックス入荷の連絡がディーラーから入ったので、ついでに作業をお願いしました。

C5の持病で、グローブボックスの脱着を行うとすぐにこのようにグローブボックス開閉ダンパーを引っかける部分が削れて使い物にならなくなります。そうすると、グローブボックスの開閉ダンパーが効かなくなります。明らかに設計ミスだと思います。たまたま、本国にパーツがあり、20,000円ほどだったのでオーダーしたのですが、入荷まで2ヶ月かかりました。どうもステランティスになってからパーツの供給速度が落ちたような気がします。私だけの感想ではなく、そんなつぶやきがネットでも散見されます。円安でパーツの価格高騰、供給速度の低下で踏んだり蹴ったりの状況ですが、改善する日がいつか来ると信じたいと思います。

さて、本題の虫の死骸の除去ですが、ディーラーメカさんにお願いしたら、ヘッドライトのバルブの穴にブロワーを差し込んでブローしてくれました。虫の死骸は日光でミイラ化していて、粉になって吹き飛んでしまいました。この方法が一番手っ取り早いそうです。その後、再発防止のために車庫の床に虫除け剤(ムカデコロリ)をたくさんおいて様子見です。ディーラーメカさんにお聞きしたら、ヘッドライトへの虫の侵入は結構あるそうです。侵入経路は不明で、抜本的な対策方法も不明だそうです。

 

ちなみに、私がお世話になっているディーラーはこちらです。良心的なお店です。営業のS.Tさん、チーフメカのH.Tさんのおかげで車を維持できています。20年来お世話になっております。今後もよろしくお願いします。

 

関連記事

内装のベタベタを予防する - La Vie Avec Citroen シトロエン C5 C6 と趣味や日々の出来事